月刊OAライフ◆株式会社OAライフ ホームページ
月刊OAライフ◆株式会社OAライフ

OAライフはOA・事務機関連の情報を提供しています。
今月のニュース以前のニュース刊行物案内お問い合わせ

ニュースの箱

 2019年
 2018年
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
ニュース 2018年1月


JEITAが国内企業を調査 守りから「攻めのIT投資」へ
 IT予算は増加 米国企業にはまだ及ばず

 (一社)電子情報技術産業協会(JEITA)は1月15日、IDCジャパンと共同で実施した「2017年国内企業の『IT経営』に関する調査」の結果を発表した。2013年に日米で行った第1回調査と比較して、米国企業とはIT投資の重要性に対する認識やIT経営の体制づくりでまだ及ばないが、国内企業の中ではIT投資は「極めて重要」との回答が約1.6倍に増加した。IT投資予算も「増える傾向」と考える国内企業が、4年前より12ポイント増えて52%と半数を超えた。またITに期待する効果では、「業務効率化/コスト削減」とする『守りのIT投資』が15ポイント下がり、「新たな技術/製品/サービス利用」とする『攻めのIT投資』が26.4ポイント増加した。

OAライフ第344号(2018年1月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



コニカミノルタジャパン 働き方変革 企業経営層の関心高まる
 経験活かし新規顧客開拓 テレセールス/コンシェルジュ 営業効率が向上

 コニカミノルタジャパンの鈴田透取締役経営企画本部本部長は、12月21日に行った業界紙記者懇談会で2017年度情報機器方針の4項目の進捗状況について、次のように語った。
 【顧客層別化戦略、エリア戦略の深化】
 お客様・販売店様の層に応じた案件収益の改善に注力している。
 具体的には、(1)新設機チャージ単価の維持、(2)本体利益率の向上、(3)MIF(市場での稼働台数)維持率の向上、最適なタイミングでの入れ替え、(4)サービス収益改善に取り組んでいる。
 (1)新設機チャージ単価の維持、(2)本体利益率の向上では、価格競争に巻き込まれず、付加価値提案により新設機のチャージ単価を維持するとか、本体価格についてもお客様層、競合状況、収益性に応じて対応するなど、きめ細かい対応で収益を確保している。
 (3)MIF維持率の向上を図るために、ロイヤルカストマーに対し、アンケートやメルマガを行い、個別に課題対応するとともに、効率的な情報発信を展開し、CS(顧客満足度)向上に努めた。また、DV(出力枚数)などのビッグデータを活用して、最適な入れ替えタイミングでの営業活動を行っている。
 (4)サービス収益の改善では、数年前から搬入設置や休日保守、PC設定などの有償化を推進しており、収益プラスに貢献している。
 【営業生産性、効率性の飛躍的向上】
 【業種別提案力の強化】
 【働き方変革の進化とビジネス化推進】

OAライフ第344号(2018年1月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]


 

このホームページに関するお問い合わせは
oalife.kubo@nifty.ne.jp までお願い致します。
113-0001
東京都文京区白山 1-6-5-105
株式会社OAライフ
TEL:03-5805-6751 FAX:03-5805-6752
禁無断転載・禁無断複製