月刊OAライフ◆株式会社OAライフ ホームページ
月刊OAライフ◆株式会社OAライフ

OAライフはOA・事務機関連の情報を提供しています。
今月のニュース以前のニュース刊行物案内お問い合わせ

ニュースの箱

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
ニュース 2016年6月


ゼロックス分社は2017年元旦か 富士ゼロックスの役割増大に期待
 複合機のリーダー 開発・生産でグループを支える

 米国のゼロックスは6月16日(米国時間)、年内に分割する事務処理代行(BPO)会社の名称をConduent,Inc.(コンデュエント社)とすると発表した。もう1つのドキュメント・テクノロジー会社は、Xerox Corporation(ゼロックス社)の名称で、ゼロックスブランドを引き継ぐ。分社しての新しい門出は、2017年1月1日になる見通し。この分社に、富士ゼロックスは関わっていないが、複合機のリーダーであるゼロックスの世界戦略にとって、すでに富士ゼロックスは複合機の開発・生産でグループを支える重要な存在。今後、その役割は、さらに大きくなりそうだ。

OAライフ第325号(2016年6月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



総務・人事・経理ワールド
 リード主催7月13日〜15日東京開催

 リードエグジビションジャパン(石積忠夫社長)は7月13〜15日に、東京ビッグサイトで「総務・人事・経理ワールド2016」を開催する。
 同ワールドは「第3回ワークスタイル変革EXPO」を始め「第4回HR EXPO」、「第6回オフィスサービスEXPO」、「第11回オフィスセキュリティEXPO OSEC」、「第10回オフィス防災EXPO」、「第7回省エネ・節電EXPO」、さらに新規の「第1回会計・財務EXPO」で構成している。
 今回の総出展社数は、昨年(582社)を22%上回る710社。来場者は、多くが企業の総務・人事・経理担当者で、来場者数は、昨年の3万5017人から今年は4万5000人を見込んでいる。
ワークスタイル変革EXPO(小間番号1−32)出展
 OKIデータ
 働き方変革を提案 クロームブックからも印刷 QRコードで自動仕分けを

ワークスタイル変革EXPO(小間番号1−8)出展
 コニカミノルタジャパン
 真のWS変革に 紙に縛られない働き方提案

HR EXPO(小間番号14−40)出展
 「復元不能」に適応 サカエ「シュレッドギア」
 マイナンバー対応の必需品

OAライフ第325号(2016年6月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



リード主催 ISOT開催 日本文具大賞決定 7月6〜8日東京で開催
 リードエグジビションジャパン(石積忠夫社長)は7月6〜8日、東京ビッグサイトで「第27回国際文具・紙製品展(ISOT)」および「第11回GIFTEX(ギフテックス)」を開催する。
 今回は、出展社数が前回を273社上回り、1750社になる。また、来場者数は前回を9000名余り上回る6万5000名を見込んでいる。
 ISOTでは毎年、出展社が応募した文具の中から厳正な審査で「日本文具大賞」優秀賞10製品を選定し、会場で展示するとともに、グランプリを決定して表彰式を行っている。今回は、7月6日午後2時から挙行する。
 このほかISOTには、プリンターのインク、トナーおよびカートリッジなどの消耗品を提供する、中国を始めとする国内外の企業が出展している。

OAライフ第325号(2016年6月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



(株)千葉測器 「ひまわりフェア」開催
 顧客に喜ばれ継続 コニカミノルタ、OKIデータも持ち味出し初出展

 千葉県最大の事務機・測量機器ディーラーで100年企業を目指す(株)千葉測器(千葉市中央区都町、中村卓見社長)と東京のグループディーラー浅野商事(株)(東京都千代田区神田淡路町、中村卓見社長)は、5月26〜27日、毎年恒例の「第15回ひまわりフェア2016in幕張」を、幕張メッセ向かいのアパホテル&リゾート東京ベイ幕張でグループの総力を挙げて開催した。
 今回の開催テーマは「夢ひろがる、未来が開ける、ICT活用フェア」。展示会には2600社の顧客が、またセミナーには1300人が来場した。

OAライフ第325号(2016年6月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



ブラザー販売 ビジネス市場への販売を強化 BWJ5月に開催 新製品で交換部品無償も
 ブラザー販売は5月25日、東京・京橋のブラザー東京ショールームに隣接する東京コンベンションホールで、主にプリンターの販売パートナーを対象にした展示会「ブラザーワールドジャパン2016forビジネス」を開催した。昨年度までは秋に開催していたが、ビジネス市場への販売を強化するため、1年を通して提案できる時期として今年度から5月に変更した。
 会場は、A4プリンターやコンパクトなモバイルプリンター、ラベルプリンターなどの製品群を展示した部屋と、医療、店舗のソリューションを展示して商談テーブルを配置した2部屋の展示会場と、セミナールームを設けていた。
 新製品の大量プリントユーザー向けの新製品5機種は、これら2部屋の間、全体のセンターでひときわ目立つ位置に展示された。

OAライフ第325号(2016年6月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



JEITA プリンター市場動向調査
 カラー化率・MFP化率 上昇が続く 2015年は全方式で減少

 一般社団法人電子情報技術産業協会(略称=JEITA)の情報端末事業委員会は6月17日、東京・大塚のホテルベルクラシック東京で、「情報端末フォーラム2016」を開催した。
 専門分科会の中で、プリンター関係では、プリンター市場分科会の毛呂文則委員長(コニカミノルタ)が取りまとめた『プリンター市場動向』について講演した。
 ◎全体の動向
 【2015年の市場実績】【2018年までの見通し】

OAライフ第325号(2016年6月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]


 

このホームページに関するお問い合わせは
oalife.kubo@nifty.ne.jp までお願い致します。
113-0001
東京都文京区白山 1-6-5-105
株式会社OAライフ
TEL:03-5805-6751 FAX:03-5805-6752
禁無断転載・禁無断複製