月刊OAライフ◆株式会社OAライフ ホームページ
月刊OAライフ◆株式会社OAライフ

OAライフはOA・事務機関連の情報を提供しています。
今月のニュース以前のニュース刊行物案内お問い合わせ

ニュースの箱

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
ニュースバックナンバー 2015年12月


コニカミノルタビジネスソリューションズ 「働き方変革」実践で事業拡大
 故障予測でCS向上 介護ビジネスにも参入

 コニカミノルタビジネスソリューションズの和田幹二社長および幹部は12月22日、業界報道記者会見を行い、2015年度上期の振り返りと今後の事業展開について、またソリューション事業、PP事業について語った。ソリューション事業では、新製品「Box of bizhub」の6ヵ月間無償提供によりデジタル複合機を拡販する。PP事業では、2016年春に事業領域を拡大する新製品を相次いで発売する。PP機の販売台数は、上期に前年同期比123.9%増加しており、デジタル複合機の売上減少を補うものとして期待している。2016年2月からは、介護ビジネスにも参入する。

OAライフ第319号(2015年12月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



エコプロダクツ2015 CO2削減を競う
 エプソン「製紙機」を初公開 各社が省エネ技術を展示

 (一社)産業環境管理協会と日本経済新聞社が主催する「エコプロダクツ2015」は、12月10〜12日に東京ビッグサイトで開催され、昨年をやや上回る16万9118人が来場した。出展者は前回を45社下回る702社で、今回も小学校などの課外授業対象として、多くの生徒が来場し、出展各社の環境対応の説明を熱心に聞いていた。
 【エプソン】【キヤノン】【コニカミノルタ】【富士ゼロックス】【リコー】

OAライフ第319号(2015年12月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



リコージャパン T1グランプリ2015
 保守技術力を競う 販売店コース 福島リコピー販売が優勝

 リコージャパンは12月11日、パシフィコ横浜で「リコージャパンT1グランプリ2015」を開催し、同社および全国の販売店から、地域大会を勝ち上がった腕利きのカスタマーエンジニア32名が、各部門の頂点を目指して集結した。
 1時間25分の熱戦を制して「グランプリ」に輝いたのは、▼カラーPPC部門・販売店コースでは、福島リコピー販売(株)の橘内啓友氏 ▼同部門・RJ(リコージャパン)コースでは、MA事業本部フィールドサポートセンターの市川幸次郎氏 ▼サーバーネットワーク部門・RJコースでは、首都圏事業本部東京支社の野上隆弘氏 ▼PP部門・RJコースでは、関西事業本部MA事業部の所仁志氏だった。
 「最優秀販売店」は福島リコピー販売(株)が受賞した。
 「最優秀事業本部」は首都圏事業本部が受賞した。
 審査は、修復技術+修復時間+報告提案の3項目で行われ、総合力を競った。審査では、修復プロセスを重視しており、「正確さ」「確実さ」「速さ」がポイントになった。報告・提案内容も評価に影響した。

OAライフ第319号(2015年12月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



MWAiの「FORZA」 「イノベーションフェア東京」開催
 米国の最先端ERPを紹介 SAP基盤にIoT連携 複合機の顧客管理に最適

 米国のイメージング業界でビジネスのサービス向けソリューションを手掛けるMWAインテリジェンス(アリゾナ州スコッツデール市、マイク・ストラマリオ社長兼CEO)は12月21日、SAP、インテル、およびクローバー・イメージング・グループの協賛を得て、東京・六本木ヒルズで「イノベーションフェア東京2015」を開催した。
 国内の複合機メーカー、商社、消耗品・部品メーカーを始め、調査会社など業界関係者多数が参加した。
 テーマは「前例のない好機には前例のない変化を」。SAPビジネス1を基盤にした、IoT(モノのインターネット)とオープンプラットフォームERP「FORZA(フォーザ)」により、モノやシステムのつながり、パートナーとのつながり、顧客や社会とのつながりで構築する、データ主導型サービスの新たなビジネスモデルについて語った。
 「フォーザ」は、(1)パートナーとチャネルの連携、(2)データ主導型サービスビジネス構築に優れており、業界の変革を支援する販売チャネル向けERPシステムである。ディーラーに必要な様々なアプリを提供する、テクノロジー・ユナイテッドのメンバーも参画している。
 MWAインテリジェンスは、主に米国市場で複合機メーカーや販売店にシステムを提供しており、3年前に開発した「フォーザ」を米国で2015年初めにコニカミノルタと提携したのをはじめ、12月にはシャープの複合機と連携するなど、複合機・プリンターメーカーなどの11社に提供している。
 【SAPのIoT戦略】
 【オープンプラットフォームで実践するパートナー及びシステム連携―インテル】

OAライフ第319号(2015年12月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]


 

このホームページに関するお問い合わせは
oalife.kubo@nifty.ne.jp までお願い致します。
113-0001
東京都文京区白山 1-6-5-105
株式会社OAライフ
TEL:03-5805-6751 FAX:03-5805-6752
禁無断転載・禁無断複製