月刊OAライフ◆株式会社OAライフ ホームページ
月刊OAライフ◆株式会社OAライフ

OAライフはOA・事務機関連の情報を提供しています。
今月のニュース以前のニュース刊行物案内お問い合わせ

ニュースの箱

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
ニュースバックナンバー 2015年11月


キヤノン 世界的に著名な企業と提携
 2020年へ抱負 御手洗会長兼社長CEOが基調講演

 キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長CEOは11月5日、東京国際フォーラムで開幕する「Canon EXPO2015Tokyo」で基調講演を行い、「キヤノンは来る2020年には、世界的に著名な企業と提携したり、確かな技術を持つ優良企業を新たにグループに迎え入れたりして、まったく新しい姿に生まれ変わる」と語った。プロダクションプリンティング事業では、オセをグループに迎え入れたことが大きな原動力になっている。2020年に向けて新たに提携する『世界的に著名な企業』がどこか、憶測を呼びそうだ。

OAライフ第318号(2015年11月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



JBMIA 海外出荷好調続く 第3四半期複写機出荷 カラー機が記録更新
 (一社)ビジネス機械・情報システム産業協会(略称=JBMIA)が11月6日に発表した、会員メーカーによる複写機・複合機の2015年第3四半期(7〜9月)の出荷実績は、「海外出荷」の絶好調が続いており、「国内出荷」を合わせた全体でも、台数では125万2000台余りと2四半期連続で過去最高記録を更新した。
 とくにカラー機が好調な「海外出荷」は、カラー機で台数・金額とも過去最高記録を更新するとともに、モノクロ機を含めた「海外出荷合計」でも、台数は2期連続記録更新となる110万4000台余り、金額はリーマンショック前の2007年第3四半期以来となる1928億円余りで、共に過去最高を記録した。
 一方、「国内出荷」は、台数・金額とも前年同期を下回り、景気の影響を受けやすい複写機・複合機の需要からも、国内経済の回復遅れと海外市場の好調ぶりの違いが明確になった。
 「カラー機出荷」実績は、「海外出荷」の好調を受けて「国内出荷」を合わせた合計でも過去最高を記録した。台数では55万8900台余りと2014年第3四半期以来1年ぶり、金額では1747億円余りと2015年第1四半期以来の記録更新となった。
 国内・海外全体の出荷実績では、台数と金額が共に前年同期比8.3%増と大きく伸長した。
 【国内出荷】
 【海外出荷】

OAライフ第318号(2015年11月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



「キヤノンEXPO2015Tokyo」開催
 8Kや立体映像など新技術を満載 近未来製品を展示 デジタル複合機3モデル

 キヤノンとキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は11月4日〜6日、東京国際フォーラムで、「Canon EXPO2015Tokyo」を開催した。今年、ニューヨーク、パリに続く開催で、2020年の東京をイメージした展示。高解像度の8K大画面映像や仮想空間を立体的に映し出すMR体験、アドバンストカウンター、ネットワークカメラソリューションなど、最新の映像関連技術を披露した。
 デジタル印刷分野では、2012年のドルッパに合わせてオセが発表した液体トナーを使ったフルカラー連帳プリンター「InfiniStream」の1色分の現像ユニットを公開した。発売時期は未定だが、2016年ドルッパ(5月31日〜6月10日)に合わせて動きがありそうだ。
 【デジタル複合機】
 【デジタル印刷】
 【在宅勤務管理システム】

OAライフ第318号(2015年11月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



コニカミノルタBJ 初代金メダリストは日研オフィスシステム
 CEの総合力競う 第1回テクニカルオリンピック

 コニカミノルタビジネスソリューションズ(和田幹二社長、以下コニカミノルタBJ)は11月15日、本社ショールームで第1回「コニカミノルタテクニカルオリンピック2015」を開催し、全国のコニカミノルタMFP保守に関わるCEの実力者27名(販売店から13名、同社から14名)が選手として参加した。
 これは、技能・接客・提案の総合力を競うもので、審査の結果、日研オフィスシステムの加藤優哉氏が初代金メダリストになった。
 和田社長は挨拶で「私の夢は、いつか女性のCEにも出場してほしい。ワールドワイドでのテクニカルオリンピックを開催したい」と、抱負を語った。

OAライフ第318号(2015年11月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]


 

このホームページに関するお問い合わせは
oalife.kubo@nifty.ne.jp までお願い致します。
113-0001
東京都文京区白山 1-6-5-105
株式会社OAライフ
TEL:03-5805-6751 FAX:03-5805-6752
禁無断転載・禁無断複製