月刊OAライフ◆株式会社OAライフ ホームページ
月刊OAライフ◆株式会社OAライフ

OAライフはOA・事務機関連の情報を提供しています。
今月のニュース以前のニュース刊行物案内お問い合わせ

ニュースの箱

 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
ニュースバックナンバー 2015年5月


東芝テック プリンティング事業 国内リテール事業 売上・営業利益とも過去最高
 鈴弥洋行が連続完全優勝 中核BP会総会と表彰式

 東芝テック(池田隆之社長)は5月19日、セルリアンタワー東急ホテルで「東芝テック中核ビジネスパートナー会総会」および「表彰式」を開催した。全国から販売店136社/137名のビジネスパートナー(BP)が参加した。「グランプリ2014」MFPコースの表彰では、前年に続いて第1ステージ、第2ステージとも鈴弥洋行(鈴木幸雄社長)がゴールドリーグで優勝するという完全優勝で「Champion of the Year」MFPコース1位に輝いた。池田社長は「決算発表が出来ない状況だが、業績予想レベルで既存事業である国内リテール事業や国内外のプリンティング事業の合計では、売上・営業利益ともに過去最高を更新した」と語った。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



OKIデータ 新領域に参入 大判プリンター事業 セイコーインスツル事業譲渡で覚書締結
 OKIデータは、セイコーインスツル(株)(千葉県千葉市、略称=SII)との間でこのほど、SIIの子会社である(株)セイコーアイ・インフォテック(千葉県千葉市、略称=SIIT)が行っている大判プリンター事業の事業譲渡に関する覚書を締結した。両社は今後、本覚書にもとづき交渉を進め、最終契約締結を経て、本年10月1日の事業譲渡完了を目指す。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



レーザープリンターの開発秘話《第14回》 イノベーションの自伝的歴史
 コンサルタント&技術クリエーター 武木田義祐
 卓上型LP開発奮闘記(5) OEM販売促進奇行

 ポストスクリプトモデルのLBPは良く売れた。が、所詮、ニッチマーケットである。HP互換機のPCLモデルの市場は大きい。だがこの市場で、出遅れた我が社は苦戦を強いられていた。事業部長は、しびれを切らせて「売れないのは開発責任者が悪い」「開発責任者自ら売りに行け!」と一喝。
 OEMプロローグ。アメリカ販社は、ボストン市郊外に位置していた。ボストン市の郊外はIT産業のメッカであった(シリコンバレーは、もっと後)。英文ワープロで成長の「Wang社」、小型コンピュータの「DEC社」が元気であった。OEMのチャンスを狙って、開発中から両社を、何度か訪問したが、採用には至らなかった。
 事業部長の要請は、海外営業部と相談して、「OEMの販売を推進しよう」、に落ち着いた。
 早速、フランス販社から、サジェム社(FAXメーカー)へ売り込もう、と。初めての欧州出張である。量産機を木枠梱包し、キャスターを付けてもらった。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



シーイーシー SmartSESAME SecurePrint!活用で
 コンビニで認証プリント 出張・外出時のプリントに

 シーイーシー(東京都渋谷区)は、同社が開発し販売するマルチメーカー対応の認証印刷ソリューション「SmartSESAME SecurePrint!(スマートセサミ セキュアプリント)」を活用した、コンビニエンスストアでのセキュアなプリントサービスを、6月1日から提供する。コンビニにカラー複合機を設置するシャープとの連携で実現した。
 これによりSecurePrint!ユーザーは、ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、セイコーマートなどの全国コンビニ店舗に設置された複合機・マルチコピー機約3万台(4月末日現在)で、安全性を強化したネットワークプリントサービスを利用できる。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



JBMIA カラー国内台数最高 第1四半期複写機出荷 内外ともカラー好調
 (一社)ビジネス機械・情報システム産業協会(略称=JBMIA)が5月15日に発表した、会員メーカーによる複写機・複合機の2015年第1四半期(1〜3月)の出荷実績は、「カラー機」が「国内出荷」「海外出荷」共に好調で、「カラー機の合計出荷金額」は1677億円と、過去最高値を記録した。
 ただ、モノクロ機もそれなりに多く「カラー化率」は、いずれも前の期(2014年第4四半期)を下回った。
 当期の「合計出荷」状況は、「国内」はやや減少し、「海外」は増加した。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



(株)千葉測器 「ひまわりフェア」開催 千葉市長もテープカット
 オフィス変革提案 各社新製品を多数展示

 千葉県最大の事務機・測量機器ディーラーで100年企業を目指す(株)千葉測器(千葉市中央区都町、中村卓見社長)と東京のグループディーラー浅野商事(株)(東京都千代田区神田淡路町、中村卓見社長)は、5月21〜22日、毎年恒例の「第14回ひまわりフェア2015in幕張」を、幕張メッセ向かいのアパホテル&リゾート東京ベイ幕張でグループの総力を挙げて開催した。
 今回は、開幕のテープカットに千葉市の熊谷俊人市長が初めて参列し、千葉測器および「ひまわりフェア」が千葉市のビジネス活性化に果たす役割の大きさを示していた。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



キヤノンエコロジーインダストリー 処理能力5割増に
 カートリッジリサイクル自動化ライン本稼働

 キヤノンのグループ企業で、国内製品の複写機、レーザープリンター本体の再生機製造、およびトナーカートリッジ、インクカートリッジのリサイクル事業を受け持つキヤノンエコロジーインダストリー(茨城県坂東市馬立、坂井雅紀社長)は5月11日、リサイクル自動化新ラインの稼働式を催した。
 新ラインは、昨年末に竣工した新棟に備えられ、全国から回収されたトナーカートリッジとインクカートリッジを自動で選別、粉砕して原材料別に分別する。それぞれ新たな原材料としてリサイクルされる。建屋と装置の投資額は60億円。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



キヤノンMJ 3D産業用プリンターを納入 東京理大の産学連携に
 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、このほど東京理科大学(藤嶋昭学長)に米国3Dシステムズ社製の産業用3Dプリンター「ProX300」(価格1億2000万円)を納入した。東京理科大学は4月27日、葛飾キャンパス内に産学連携イノベーション拠点「トライボロジーセンター」を開所し、「ProX300」などの設備を披露した。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



富士ゼロックス モバイル環境対応クラウド活用してプリント 主力カラー複合機シリーズを強化
 富士ゼロックスは、モバイル環境でのプリントを可能にする、クラウドを活用したプリントサービス「Cloud On-Demand Print(クラウドオンデマンドプリント)」を、5月21日に発売した。同プリントサービスに対応し、性能を強化したオフィス向けフルカラーデジタル複合機「ApeosPort-V C(アペオスポートファイブシー)」シリーズ9機種および「DocuCentre-V C(ドキュセンターファイブシー)」シリーズ9機種、計18機種を、5月29日に発売する。
 「Cloud On-Demand Print」の基本料金(10ユーザーライセンス込み、税別)は1000円/月、ユーザー追加オプション(ユーザー数10人追加、同)は1000円/月。販売目標は5000契約/年間。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



エプソン 月々5000円から スマートチャージ プリンター領域に拡大 取扱店の販売環境も整備
 エプソンは、導入コストゼロ(顧客自身が搬入・設置した場合)で、本体・インク・保守サービスをまとめて定額従量料金で利用できる、5年契約のプリントサービス『エプソンのスマートチャージ』のラインアップを、プリンター領域に拡大する。従来のA3複合機に加え、新たにA4複合機、A3プリンター、A4プリンターの3モデルを追加した。
 A4プリンターの「スタンダードB」プランでは、月々5000円(税別)の基本使用料金で「モノクロプリント1000枚及びカラープリント400枚」をプリントでき、さらにこの基準枚数を超えても少額の追加料金という低コストを実現した。追加の超過従量料金は、カラー5円/枚、モノクロ1.5円/枚(いずれも税別)。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



サカエ 極小細断を3機種 マイナンバー制で需要拡大
 サカエ(東京都港区、松本弘一社長)はこのほど、紙に記載された機密情報・個人情報を復元不可能なレベルにマイクロカットするハイセキュリティシュレッダー「Shred Gear極美(kiwami)」シリーズ3機種を発売した。2016年1月から導入されるマイナンバー制度などにともなう、紙情報の確実な廃棄(極小細断)へのニーズの高まりに応える。
 新製品は、従来機種「匠花(Shohka)6s/10/20」の後継機で、極小細断サイズを継承しながら細断速度を高速化した「kiwami F6/F10/F20」(税別価格109万8000円/99万8000円/88万円)。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



リコー 最上位カラーPP 用紙厚問わず130ppmで出力
 リコーは、カラープロダクションプリンターのフラッグシップモデルとして、「RICOH Pro C9110/C9100」(税別価格2280万円/1980万円)を、5月22日に発売する。販売予定台数は、国内向けに年間100台。
 新製品は、用紙厚を問わずフルカラー/モノクロともに「C9110」は130ページ/分(A4ヨコ)、「C9100」は同110ページ/分という高生産性を実現。また、1200dpi×4800dpiの書き込み解像度による高画質に加え、本体構造を作像部と定着部の2つに分離することで、定着熱による作像への影響を大幅に軽減し、安定した画像品質を維持している。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



インフォトレンズ WFPを7月14日開催
 ドキュメント市場の専門調査会社であるインフォトレンズ(東京都渋谷区恵比寿、山内亨代表)は7月14日、東京コンファレンスセンター・品川で「ワイドフォーマット&ファンクショナル・プリンティング コンファレンス2015」を開催する。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



米国OA事情[121]
 カナタレポート《連載第15回》 A4複合機のジレンマ
 ザ・カナタ・レポート編集長兼出版人 フランク・カナタ

 ヒューレット・パッカード(HP)は、随分前に製品ラインをA4複合機とプリンターに制限することが大企業向けの販売にマイナスの影響を及ぼすことを認識しました。その結果、顧客が要求するA3のフリート(製品群)を提供しサービスするため、米国で最良のディーラーを選んで提携します。キヤノンはHPにA3複合機を売ろうとしておらず、これがキヤノン(HPのプリンターのメーカー)とHPの不和の種でした。
 キヤノンUSAが、IKON(アイコン)をリコーによって失った時に、事態は変わりました。リコーがIKONを買収した時(2008年8月)キヤノンのラベルのついた装置がリコーの製造する製品に交換されるのをはっきりと知ります。IKONのMIF(フィールド設置台数)の70%がキヤノンにより製造されたものでしたので、それは かなりの妙技だったといえます。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



中国APEX 米SCCを買収か HP適応消耗品の特許流出?
 米国でプリンター向け消耗品アフターマーケットの第三者ブランドとして、メーカー純正品のクローンに手を染めず、プリンターメーカーの代表格であるHP(ヒューレット・パッカード)と良好な関係をアピールしていたSCC(スタティック・コントロール・コンポーネンツ)が、中国のカートリッジ用チップ供給大手であるAPEXに買収された。
 SCC(米国ノースカロライナ州サンフォード市)とAPEX Microelectronics(中国珠海市)は5月7日、両社が戦略的な事業提携をしたと発表した。
 しかし、その直後にアフターマーケットの情報に詳しい「ザ・リサイクラー」がロイターレポートによればとして、SCCがAPEXに6300万米ドルで買収されたと報じたことで、業界関係者に大きな衝撃を与えた。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



リコー A3カラーLED コンパクトプリンター35枚/分かつ高画質
 リコーは、LED方式のA3カラープリンター「RICOH SP C740」(オープン価格)を5月13日に発売した。販売計画台数は2000台/月。
 同機は、幅449×奥行552×奥行360mmのコンパクトサイズで、オフィスのデスクサイドから店舗窓口などさまざまな場所への設置が可能。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



キヤノン 大量出力業務向け A3高速カラーLBP
 キヤノンは、大量出力業務向けのA3カラーレーザープリンター「Satera LBP9950Ci/LBP9900Ci」(税別価格46万8000円/31万8000円)を5月15日に、オフィス市場向けのA3モノクロプリンター「Satera LBP8100」(オープン価格)を5月21日に発売した。生産台数は、「LBP9950Ci/LBP9900Ci」2機種合計で250台/月、「LBP8100」が500台/月。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



ブラザー ビジネス機能強化 A3「プリビオ」2機種
 ブラザー販売は、インクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」の新製品として、A3プリント&A3スキャンが可能なビジネス向けの「ワークスシリーズ」を一新する「MFC‐J6973CDW/J6573CDW」(オープン価格)2機種を6月上旬に発売する。
 新製品は、ランニングコストの低減を実現し、ビジネスの効率化に貢献する機能を進化させたビジネスインクジェットプリンターでA4判片面プリント速度はカラー20枚/分、モノクロ22枚/分。A3判までの自動両面プリント機能と有線&無線LANを標準搭載している。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



中国OA事情[141]
 ●エプソン中国 2年で130万台突破 大容量インクタンク搭載プリンター 2015年春新商品発表会
 エプソン(中国)は4月24日、江蘇省蘇州市で2015年春季新商品発表会を開催した。エプソンブランド制定から40周年となる今年の発表会にはセイコーエプソンの碓井稔社長やエプソン中国の安藤宗徳総経理が出席し、同社開発の大容量インクタンク搭載プリンターやレーザー光源採用ホームプロジェクター「CH‐LS10000」など100種類以上の商品と、40以上のビジネスソリューションプランを紹介した。
 碓井社長は中国メディアに、同社のコア技術である「省・小・精」の技術理念や、垂直統合堅持のビジネスモデルを紹介し、消費者と社会にとって唯一無二の存在であることを引き続き目指す考えを示した。

 ●京セラ(中国) 九鬼新社長が挨拶 東京で代理店大会を開催
 京セラ弁公信息系統(中国)は4月17日、全国代理店大会を東京で開催した。
 大会には、同社の丸林卓哉総経理と京セラドキュメントソリューションズから九鬼隆新社長も出席し、中国の40社以上の代理店から80名を超える参加者の前で、過去1年間の業績の振り返りと、今年の展望を発表した。

 ●コニカミノルタ カラー機が4割増 2015代理店大会を開催
 コニカミノルタ弁公系統(中国)は4月17日から3日間、広東省珠海市で2015財務年度代理店大会を開催し、中国各地の代理店500名以上が参加した。
 大会に出席した岡本圭司董事長は「お客様のニーズを深く把握し、企業規模、立地、業界、業務形態などに基づきカスタマイズされた付加価値サービスを提供していく必要がある。今後10年間特定マーケットでのシェアを維持しつつ、代理店と共にお客様の満足度と競争力を高め、さらに多くの新しい付加価値を創造していきたい」と語った。

 ●キヤノン カラーNo.1目指す 「Mr.Color」発表
 キヤノン(中国)は4月15日に開催した春の新商品発表会で、A3カラー複合機「imageRUNNER ADVANCE C3330/C3325/C3320/C3320L」の4モデルを発表した。
 新シリーズ商品はMr.Color(中国語は「色彩達人」)と命名され、色鮮やかで鮮明なカラー印刷がモノクロ複合機と同程度の価格で購入できる点をアピール。発表会には、小澤秀樹董事長兼CEO、渡辺秀一高級副社長、楠元俊彦映像事務機事業本部副事業本部長らが出席した。

 ●富士ゼロックス 広州交易会で活躍 カラーLP「CP105b」
 第117回中国輸出入商品交易会(広州交易会)が4月15日〜5月5日に広東省広州市で開催され、富士ゼロックスのカラーレーザープリンター「CP105b」が交易会指定モデルに選ばれた。
 広州交易会は、中国で歴史・規模共に最大の総合国際貿易展示交易会で、今回は国内外の企業2万4713社が、6万ブースを超える展示を行った。展示会出展企業スタッフは、写真入り証明書の発行を受けて携帯する必要があるが、主催者側は同モデルを500台用意し、約16万枚の証明書を出力した。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



コニカミノルタ 次世代型生産拠点 マレーシアで本格稼働開始
 コニカミノルタが2014年5月にマレーシアに設立した、主に複合機(MFP)の消耗品を生産するKONICA MINOLTA BUSINESS TECHNOLOGIES (MALAYSIA) Sdn. Bhd(以下KMMY)が、次世代の革新的な生産体制づくりに向けて掲げた『デジタルマニュファクチュアリング』をコンセプトとする生産拠点として本格稼働した。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



リコー 「発電ゴム」開発 柔軟性と高出力を両立
 リコーは、圧力や振動により高い発電性能を発揮する新しい柔軟材料「発電ゴム」の開発に成功した。
 開発したのは、柔軟性の高いフレキシブルなシート状でありながら、セラミックス圧電材料と同等の高い発電性能を有する新規材料。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



IT Week春開催 8万3000人来場
 リードエグジビションジャパン主催による「第24回Japan IT Week春2015」は、5月13〜15日に東京ビッグサイトで開催され、8万3600人余りの来場者でにぎわった。
 同展は、「第6回クラウドコンピューティングEXPO春」、「第4回IoT/M2M展春」、「第12回情報セキュリティEXPO春」、「第5回スマートフォン&モバイルEXPO春」など、12のIT関連展示会を統合したもの。今年は過去最多の1500社が出展した。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



AJCRが総会 模倣品排除に全力 信頼性向上と市場拡大へ
 (一社)日本カートリッジリサイクル工業会(北條順吉会長、略称=AJCR)は5月20日、東京の芝パークホテルで「2015年度第2期定時総会」を開催し、2014年度の活動報告と、今年度の活動方針について審議した。
 総会には正会員31社中29社(委任状含む)62名、賛助会員8社中8社17名が出席した。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



コニカミノルタ MPMサービス提供 グローバル展開体制を構築
 コニカミノルタは、すでに欧州地域やアジア・パシフィック(APAC)地域で販促用印刷物の制作業務を提供しているMarketing Print Management(MPM)サービスの展開地域を拡大し、米国と日本国内を加えたグローバル展開体制を構築した。
 同社が提供するMPMサービスは、クライアントである大手グローバル企業のマーケティング部門を対象としている。クライアント企業の拠点にスタッフを常駐させ、膨大な数の販促用印刷物の制作業務に携わりながら内容・工程・品質・納期などを一元管理し、投資対効果を最適化することで、クライアント企業の売上増や企業ブランド向上に貢献する。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



カシオ計算機 和宏専務を社長に 利益倍増3ヵ年計画掲げる
 カシオ計算機は5月12日開催の取締役会において、樫尾和雄代表取締役社長執行役員(86歳)の代表取締役会長就任と樫尾和宏取締役専務執行役員(49歳)の代表取締役社長就任を決議した。6月26日開催予定の定時株主総会開催後に正式に決定する。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



キヤノン カートリッジ回収リサイクルを促進 どんぐりポイント制度導入
 キヤノンは、ベルマーク運動や同社の環境保全活動に経済産業省の主導する「どんぐりポイント制度」を導入し、ユーザーから使用済みカートリッジの回収を促進することで、社会貢献・環境保全の取り組みへ貢献する。
 同社は、1990年に部品や材料のリユース・リサイクルを推進する「トナーカートリッジリサイクルプログラム」を開始し、今年で25周年を迎える。これを機に、経済産業省が主導するカーボン・オフセット制度を活用した「どんぐりポイント制度」を使用済みカートリッジの回収リサイクルプログラムに導入し、社会貢献・環境保全の取り組みへ貢献する。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



ケイティケイ 土岐氏(前・明光商会社長)内定 臨時株主総会で社長に
 リサイクルトナーカートリッジなどオフィスサプライの販売会社であるケイティケイ(株)(名古屋市東区泉、青山英生社長)は、5月8日開催の取締役会において、青山代表取締役社長の代表取締役会長就任、および土岐勝司専務執行役員(前・明光商会社長)の代表取締役社長就任を内定した。6月30日に開催する臨時株主総会で議決後に正式に就任する。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



キヤノン ネット監視カメラ 世界No.1挑戦 アクシス社株式84%取得
 キヤノンは、4月24日〜5月5日(スウェーデン時間)に実施したアクシス社(Axis AB、スウェーデン ルンド市、Ray Mauritsson社長兼CEO)の普通株式の追加公開買付け(TOB)の結果、アクシス社の発行済普通株式の所有株式数は5892万5066株、所有割合は84.83%となった。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



キヤノン 超短焦点を2機種 インタラクティブ機能プロジェクター
 キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、超短焦点プロジェクター「LV‐WX300UST」と「LV‐WX300USTi」(オープン価格)を、5月25日より順次発売する。生産台数は、「LV‐WX300UST」が1000台/月、「LV‐WX300USTi」が1500台/月。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]



東芝テック 経営資源を集中 テックプレシジョン一部事業をキョウデンへ譲渡
 東芝テックは、100%子会社である(株)テックプレシジョン(静岡県伊豆の国市、原康三社長)の一部事業を(株)キョウデン(長野県上伊那郡箕輪町、山口鐘畿社長)に譲渡することを、5月7日開催の取締役会で決議した。譲渡対象事業は実装組立・プレス・成形などの事業で、2014年3月期の対象事業売上高は50億9900万円。
 テックプレシジョンは、本件事業譲渡実行後、東芝テックグループ向けの複合機用記録材料事業、複合機用サービスパーツ事業およびインクジェットヘッド事業に経営資源を集中し、事業運営する。

OAライフ第312号(2015年5月20日付)掲載記事より抜粋・要約     [戻る]


 

このホームページに関するお問い合わせは
oalife.kubo@nifty.ne.jp までお願い致します。
113-0001
東京都文京区白山 1-6-5-105
株式会社OAライフ
TEL:03-5805-6751 FAX:03-5805-6752
禁無断転載・禁無断複製